GROUP HOME

Where Back

2008-04-23 発売 / LACD-0134 / ¥2,200(税抜)+税 /

"持たざる者たちの代弁者"グループ・ホーム。ドープネスは昨今なかなかお目にかかれないタイプのモノで今回のプロジェクトは、まったくブレのない内容となっている。トラックを制作したのは、サンプリングねたの知識も豊富で器用な面を持つリル・ダップを中心に、前作でも尽力していたアルケミストとアガラー、初登用となるピーター&コリンの計4組に、さらにリミックスでは、『Sweet 90's Blues Remixies』に代表される"後乗せ番長"DJデックストリームも参加とかなりブ厚いプロダクションになっている。かつて8オフと呼ばれていた、現ディップセット・ファミリー=パープルシティのボス、アガラーも"ドラッグ・ディールの悲哀"を描いたでモノクローム調の(?)トラックを用意した他、ラップでも絡んでいる。ラッパー=アイク・アイスは、「You Already know」にデッド・プレズのM-1とともにフィーチャーされていた人物で、同じくブレインシック組のケイビーは、映画『ライム&リーズン』('97)のサントラ収録曲「The Way It Iz 」で、グールー、ダップ、とマイクを交えていたこともある。街の暗部、闇社会を詳らかにし「リリック勝負で、フロウはあくまでも緩く」と心がけている、というグループ・ホームのスタイルは本作を聴く限り"不 変"である。怒鳴らず、走らず、しかし淡々と、ではなく"熱く"語る・・・。1stから13年の時を経た現在も彼等は"こんな感じ"です。

  • 1. ntro
  • 2. Ghetto
  • 3. Get It
  • 4. Skit
  • 5. Real Brother Never Die
  • 6. Rasta feat. Agallah
  • 7. Dope Game feat. Agallah and Ike Ice
  • 8. What they want do feat. Black a Don, Kibbe
  • 9. K -DJ Deckstream remix-
  • 10. Outro