cro-magnon

Mellow out & Acoustic

2008-06-04 発売 / LACD-0137 / ¥2,381(税抜)+税 /

2ndアルバム『Great Triangle』で多くのダンス/クラブミュージックファンのハートを鷲掴みにしたダンス・ジャムバンド、cro-magnon(クロマニョン)が放つコンセプトアルバム。11ヶ月ぶりの新譜となる本作は、生バンドとディスコダブの融合という新境地を開拓した前作とはうって変わり、キーボードの音色が心地良すぎるメロウなジャズファンク集!!!フェンダーローズの流麗な旋律、うねる極太ベースライン、弾けるブレークビーツ等々、彼らのアイデンティティーである“生バンド”感がより強調されたインストアルバムがここに完成した。デトロイトの鬼才・Moodymann「Black Mahogani」のカバーで、浮遊して止まないローズピアノと腹に響くようなベースが心地よすぎる【1】。テクノのヒットチューン・Mylo「Muscle Car」のカバーで、パーカッションとオルガンの旋律が乱れ飛ぶ【2】。ノスタルジックなキーボードが恍惚感いっぱいの【4】。レトロでメロディアスな鍵盤とタイトなドラムスとの組み合わせが絶妙な、おなじみThe Jackson5「Nev er Can Say Goodbye」のカバー【5】、大ネタとしても有名なBlackbyrds 「Mysterious Vibes」をより気怠く、スムースにカバーした【6】。再びMoodymannの「TechnologystolemyvInyle」を、幻想的なキーボード抜けの良いブレークビーツでカバーした【8】というカバー群6曲に加え、多くのサンプリングソースとなった名曲・Roy Ayers「Mystic Voyage」を、美麗なフェンダーローズでジャジーかつアーバンに生まれ変わらせた【9】。疾走感あふれるジャズグルーヴ【10】、など、秀逸なオリジナルも加え計10曲というラインナップ。そしてカバー/オリジナルを問わず、1枚を通して横たわるこの一体感や統一感は、ソウルや ヒップ・ホップを経過したからこそ備わるブラックネスやファンクネスによるところ。まるでレアグルーブの名曲郡をごっそりコンパイルしたか のような、そんなアルバムとなっている。難しいことは考えず、まずはこの美しすぎるローズピアノの旋律とグルービーなバンドサウンドにただ身を委ねてもらいたい。ダンスミュー ジック、クラブミュージック好きはもちろん、ソウル、ジャズファンク、ジャジーヒップホップ、生音、ブレークビーツ、エレピ、フェンダーローズ、ino hidefumi、ベースライン、音圧、レアグルーヴ、メロウ、チルアウト等々、いずれかのキーワードに少しでも心を揺さぶられる人、そして全ての音楽ファンに捧げる、本年のマストタイトル的1作。

  • 1. Black Mahogani
  • 2. Muscle Car
  • 3. Silent wave
  • 4. Beyond the Summer
  • 5. Never Can Say Goodbye
  • 6. Mysterious Vibes
  • 7. Love bite
  • 8. TechnologystolemyvInyle
  • 9. Mystic voyage
  • 10. After all that