松崎ナオ

2013-03-06 / ICNM-0001 / ¥2,381(税抜)+税 / I.C.Planning

『人間くさいのに、チャーミング。乾いているのに、柔らかい。甘酸っぱい名盤誕生!!
(リリー・フランキー)』

『いわゆる天才 ただの天才ダメなときはダメ 空気を掴むように、ものをつくる。
日常にあることをふと歌に書くなぐって、特別なものに換える。ぼくが彼女の歌が好きなので、多くの人にもお裾分け。幸せです。(プロデューサー 上田禎)』

2006年「Flower Source」 2008年「気持ちバタフライ」以来なんと4年振りとなる一般発売のフルアルバム。既に前記2作品はインディーズながら各8000枚を売り上げる超ロングセラー。まさに満を持してのリリースになった。

今回のアルバムは、上田禎(映画「NANA」「東京タワー~オカンとボク、時々、オトン~」他の音楽プロデューサー・日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞)をプロデューサーに迎え、今までとは一味違う、洗練されストレートな完成度の高いサウンドとなっている。この6年間で700回を越えるLIVEで完熟させて来た詞曲からなる新曲11曲は松崎ナオの天才性を十分に発揮。一度嵌まったら抜け出せない。日本人が本来持つ、素朴な優しさに溢れた言葉の数々。心の裏に隠れていた情景を引きだす力ある詩。独特の感性で織なすメロディ。「今の時代に求められる音楽」に応えるアルバム。ファンが待ちに待った一枚。ぐんとスケールアップした本人のギターも聴きもの。

  • 1. チロみたい
  • 2. 夜の中の鳥籠
  • 3. 桃からはじまる音楽もある
  • 4. 屋根の方向
  • 5. はらいのけダンス
  • 6. 生まれたての水
  • 7. フットウソング
  • 8. ひとつのうた
  • 9. あたりまえへならえ
  • 10. 大人は知ってる
  • 11. あたたかい君とネコ