DISTRIBUTION

アーティスト別表示

すべてのアーティスト +A 1000say 6才児 AliA ALTZ Any arlie ayasa Blast Head Bob&Carnivals BREEZEWAX BYEE the Round carnalotta CHAOS CHILD STOP CHOCOLATE SOLDIER circuits Clean Of Core COW JACKSON Creamer Project cro-magnon d-iZe detroit7 Diggy-MO' DJ DREAM BOX! DJ EMMA DJ EMMA presents NITELIST MUSIC 4 DJ HIROKI DJ KEN-BO DJ SAFARI DJ Yogurt dub MaFfia FAKE? FREEASY BEATS group_inou HOCCO i GO IA IA&ONE IA&ONE Indus&Rocks JariBu Afrobeat Arkestra Jazztronik JONNY JUNO LEE KAIKI KAZZ LADYBABY LC&canai Lia maegashira MAMA DRIVE MOLICE NAOITO NATURAL 8 nhhmbase nothingman ONE ONE TRACK MIND ONIGAWARA ostooandell out of service Peace-K PLINGMIN puff noide × 忘レ敵 Q.A.S.B. QUATTRO QUORUM RAINBOW rest or stay? sfpr sgt SHIKATA SHOW-YA SHOWSTOPPERS SiM Smooth J soulkids SOUR×DAZZLE SQUEEZE!! STAN STUDIO UNO Su凸ko D凹koi SWEET BEATS LUB tacica THE BOOGIE JACK THE ELEPHANT OF MUSIC The eskargot miles The Illuminati The Jerry THE MASHIKO THE SALINGER TWO FOUR ULTIMATE 4TH (DJ TOKNOW UNLIMITS uri gagarn V.A viridian WESTLAND wooderd chiarie YoLeYoLe YOMOYA いゔどっと さよなら三角 みやかわくん オムニバス オーレ・エクセル カラーボトル ゲッカンプロボーラー コンテンポラリーな生活 サキノハカ セクシーパンサー/助っ人集団☆石井ジャイアンツ チーナ ハッピーくるくる ポタリ マスダシマイ ミドリカワ書房 ラキタ 三上ちさこ 仲山慶 児玉奈央 嘘つきバービー 夏の魔物 夕暮レトロニカ 志水貴史) 或る感覚 新世界リチウム 新津由衣 旅団 明日、照らす 松崎ナオ 松本梨香 秀吉 稚菜 竹内電機 辻仁成 里帰り

秀吉2016-8-3 発売

ロックンロール

2016-8-3 発売 / SRSB-005 / ¥2,500+税 / sirosiba record.

秀吉2016-8-3 発売

ロックンロール

「僕たちに明日はない あるのは今この瞬間だけ」 秀吉待望のフルアルバムは、豪華ゲストミュージシャンを迎えて制作された超強力盤!

フルアルバムとしては約1年半ぶり、渾身の新作『ロックンロール』が遂に完成した。自主レーベルでの活動によって、ファンとの関係性の濃さを改めて感じ、今回はクラウドファンディングによるアルバム制作にチャレンジ。見事目標人数をクリアし(最終的には目標を大幅に上回る252%まで到達)、地元の群馬でレコーディングが行われた全10曲からは、一人と一人が共鳴し合って生まれた、バンドとファンの固い絆が確かに感じられる。

〈あるのはそう 今日 今 この瞬間だけ〉とストレートに感情を叩きつける「明日はない」で幕を開けると、ハードコアパンクな「叫び」、ヘヴィな「潮騒」と、序盤はこれまでになく攻撃的な作風に驚かされる。一方、中盤ではダブ/レゲエな「ヌル」や、ライブでの合唱が目に浮かぶ「はなればなれのそのあとで」などで幅の広さを提示。サイケデリックなサウンドが内省的な心象風景を浮かび上がらせる「メリーゴーランド」を経て、ラストの「まっくらやみの中で」に至るまで、エバーグリーンなメロディーとオルタナティヴなアレンジが高次元で融合した、まさに全曲シングル級のキラーチューンが並ぶ。

ゲストミュージシャンには元G-FREAK FACTORYの鴨居哲也と、LACCO TOWERの真一ジェットという地元の盟友がキーボードで参加し、ゲスの極み乙女。/indigo la Endのサポートを務めるえつこが全曲にコーラスで参加。また、『へそのお』や『むだい』といった過去の作品にも関わっているエンジニアを再び迎えての、エッジと温かみが同居した音像の素晴らしさも特筆すべきものがある。『ロックンロール』というタイトルそのままに、「今」だけを見つめて転がり続けるバンドの衝動が凝縮された傑作を、ぜひ堪能してもらいたい。

<文・金子厚武>

  • 1.明日はない
  • 2.叫び
  • 3.潮騒
  • 4.明けない夜
  • 5.ヌル
  • 6.ナイフ
  • 7.はなればなれのそのあとで
  • 8.ロックンロール
  • 9.メリーゴーランド
  • 10.まっくらやみの中で

BACK

Page top