LABEL PRODUCTS

アーティスト別表示

すべてのアーティスト 54-71 A BOY'S SONG afterpilot AJISAI all about ska performers all O.K. ALTZ Anchorsong Baden Powell BAGU BANDWAGON BBHF BEAT CRUSADERS BLAST HEAD Bluems buddhistson Buzz By Phar The Dopest CALM CHAMP UNITED Charisma.com code“M”×VEE COFFEE HAUS COMPUTER SOUP creamstock cro-magnon DaBaDa Q Deep Sea Diving Club Derrick May DESTINO DIXON DJ DECKSTREAM DJ EMMA DJ NOBU DJ RYUUKI DJ TABO DJ Yogurt DOMINO88 dummy run en-Ray enie meenie ENON FLYING RHYTHMS For Less To Lake Francois K. FRISCO GASHAAN!!? Ghost like girlfriend Gilles Peterson GRESHAM GROOVY CLASS GROUP HOME HASE-T Heartbeatシリーズ Indus & Rocks INSK@UT Jazztronik JPC band JUVENILE(ジュブナイル) kenkou KG KICK THE CAN CREW KOHKI LILI LIMIT LITTLE LUCKY PIERRE MASH-MALLOW MAN MEME Minotaur Shock MITOMI TOKOTO&CYBERJAPAN DANCERS Moga Hoop MOON BEAM MOSHIMO MU/TO NORTH Oatmeal Official 髭男 dism ONE TRACK MIND oneLovie ONIGAWARA OTTO P2H Package Bomb!! PEDRO PESELA-QUESELA-IN Playnote Port Town FM POWWOW Pulse Factory Qube Radical Freaks ravenknee RED in BLUE REGISTRATORS RUEED RYUHEI THE MAN SAKHALIN TV SEKAI NO OWARI sequick Shamrock Street SHIPPING NEWS SIGH soulkids Soulstice SOUTH BLOW SPINLAW Stmach of Gypsys Suck a Stew Dry Sun pee SUNNY SIDE UP takuya Tammy Tegwon TERA the ARROWS the engy THE JAZZ CANNON THE STAND UP The Strikers The Wisely Brothers TheSpringSummer this ic THURSDAY'S YOUTH Timmy Regisford TOY twenty four seven [24/7] umu V.A Wagon cookin' warbear WARPED wooran あいみょん こゑだ ぜったくん インパスターズ エレキベース オムニバス カンアキトシ サカモト教授 ステューパ スマーフ男組 テレポテ ニトロデイ ハカイハヤブサ パードン木村&土生”TICO”剛 ベルマインツ マグネットコーティング ユナイトバス 吉本佳代 嘘つきバービー 増田太郎 平井 大 狩野泰一 秀吉 高橋透 黒木渚

Qube2007-12-12 発売

Q1

2007-12-12 発売 / LACD-0127 / ¥1,714(税抜)+税

Qube2007-12-12 発売

Q1

一聴して思うのは、シボンヌという女性ヴォーカリストを擁したポップなパンク・バンド。まっすぐ声を伸ばしつつ、やや巻き舌でフェイクを強調する歌い回し。そんなバンドはプロアマ問わずたくさんあって、それはつまり、そういうサウンドが広く愛されていることの証しでもある。そんなバンドを一括りにして片づけられるような聞き手ならば、バンドのプロフィールに目を通せば、山 THE 卍はクール・ドライヴのベース、廣島旭ことナガタタカシはカメラマンズのギター、検問辰夫こと溝渕ケンイチロウはセロファン~ザ・カスタネッツのドラムという、癖のある顔ぶれになっていることに気付くだろう。そして、改めて音を聞いてみれば、うるさ型のミュージシャンが若い娘をたぶらかして作ったようなバンドではない勢いにも気付くだろう。 バンド結成の要は、卍である。「クール・ドライヴが活動休止に入って、なにかはじめよう、自分は衝動的なものが好きで、やっぱりパンクがやりたい。あるセッションで、検さんと、広島君と一緒に演奏したんです。そこから、はじめようと。俺が衝動的なことをやりたいと考えたところから始まっているんで、こういう音楽性になっているんです」 クール・ドライヴのサポートをしていた廣島に声をかけ、検問にも声をかけて、バンドが結成される。 「夜中に、けっこう熱いテンションで電話があって…是非やりたいと。あれ、酔ってたよな(笑) 正直、やる気がある奴がいると、180度音楽性が違っていても、できちゃうんですね。熱量があれば」 3人で活動を始め、ヴォーカリストを探していたところに現れたのが、廣島の地元の知り合いでもあったシボンヌだった。 「いろんな人試しているって聞いてたから…じゃあうたってみようかって。サウンド的になのか、メロディ的になのかはわからないけれど、新しい感じを受けました。受け付けない音楽ではないし、すっごい好きというのではないけれど。演歌とか島唄だと、練習しないといけないかもしれないけど(笑)。音楽を、自分の生活のモチベーションとして、道具として聞いているわけじゃないですけど、特に嫌いな音楽はないんです」 演歌とか島唄だと、練習するのか。はてな。この何気ない一言に、シボンヌの歌手としてのありようは表れている。 「音楽をやろうと思ったのは、お兄ちゃんがバンドをやっていて、つまり身近な人がやっていたっていうのがキッカケなので、何が好きとか、誰かに憧れてっていう入り方はしていないんですね。理想の人がいたわけはない。最初に、CDを聴いたってことで覚えているのは、アレサ・フランクリンです。お兄ちゃんがサム・クックとか、ソウル系を聴いていたので…。高校の時にバンドを組んで、その後、東京に出てきた。qubeと出会う前はピアノの弾き語りで演奏したりしてたんですけど、声をかけられて。ピアノを弾きたいとかいう気持ちはあまりなくて、ピアノでもギターでも、歌をうたうプラス何かというのは、あまりやりたくない。歌をうたっていたいですね」 卍の衝動への思いと、シボンヌの歌への素直な思いが、制作にも反映された。廣島は、ファズを効かせたギターもたっぷりに垂れ流す。 「ドラムもテイク1かテイク2。ギターも1本だけ。山小屋の合宿レコーディングで、実質一部屋でパーテーション切って、顔を見ながら“せーの”で録音しています。ぼくのギターは、録音しないといけないから別ですけど、その部屋で弾いてた(笑)。演奏している時は、まったく何も考えていない。ジャズとかだと、やっぱり難しいんで考えないといけない部分もあるんだけど、このバンドは高校生みたいな気分で、気持ちだけでできる。彼(=卍)に引っ張られている部分があって、それがなくなったら終わり」 もう一度、今度は慎重に音を聞いてみる。 「Qubeってバンドは、何をやってもキャッチーになるなと思っているんですね」と検問が言う通り、実は、Qubeの音楽には、いろんな要素が潜んでいる。歌詞は全員が書いている。女性で、年下で、最後に参加したヴォーカリストが、バンドの顔となる。 「うたいやすい曲もあるし、うたいにくい曲もあります。歌いにくいっていうのは、自分がその世界をつかみ切れていないところもあるけど、そのわからないところが今は自分にとって刺激的」 最初はCubeとなるはずだったバンドが"Q"ubeになり、「HaTeNa?」という曲が生まれ、アルバムは『Q1(クエスチョンワン』と名付けられた。刺激的なわからないところを抱えながら、バンドは走り出す。取材の終盤、シボンヌがいきなり口調が変えて発した一言「ま、自分が持っている武器は“歌”しかねーなってのもあるし」という覚悟の潔さは、このバンドの武器になる。

(ミュージックマガジン/斉木小太郎)
2007年最後の月にして最大の新人バンド登場!!!!抜群のテクニックで縦横無尽になり続けるギターと、土台をバシッと固めるリズム隊、そこに華を添えるのは天高くまで響きわたる紅一点シボンヌの声。吸い込まれそうなその歌声に一瞬ドキッとしてしまうほど。ちょっぴりスパイスの効いた歌詞と遊び心たっぷりのメロディーは一つとして同じ顔を見せない!それぞれの個性を強く主張しながら絡み合い、独特の世界を創り上げる!他に類を見ない最高にポップなロックアルバムに出会えた!

  • 1. Good Morning
  • 2. 日常チェイン
  • 3. 陽炎
  • 4. 24 Hours
  • 5. Blind
  • 6. 男と女
  • 7. Rats 'n' Cats
  • 8. HaTeNa?
  • 9.
  • 10. 1 Night Dream

BACK

Page top