LABEL PRODUCTS

アーティスト別表示

すべてのアーティスト 54-71 A BOY'S SONG afterpilot AJISAI all about ska performers all O.K. ALTZ Anchorsong Baden Powell BAGU BANDWAGON BBHF BEAT CRUSADERS BLAST HEAD Bluems buddhistson Buzz By Phar The Dopest CALM CHAMP UNITED Charisma.com code“M”×VEE COFFEE HAUS COMPUTER SOUP creamstock cro-magnon DaBaDa Q Deep Sea Diving Club Derrick May DESTINO DIXON DJ DECKSTREAM DJ EMMA DJ NOBU DJ RYUUKI DJ TABO DJ Yogurt DOMINO88 dummy run en-Ray enie meenie ENON FLYING RHYTHMS For Less To Lake Francois K. FRISCO GASHAAN!!? Ghost like girlfriend Gilles Peterson GRESHAM GROOVY CLASS GROUP HOME HASE-T Heartbeatシリーズ Indus & Rocks INSK@UT Jazztronik JPC band JUVENILE(ジュブナイル) kenkou KG KICK THE CAN CREW KOHKI LILI LIMIT LITTLE LUCKY PIERRE MASH-MALLOW MAN MEME Minotaur Shock MITOMI TOKOTO&CYBERJAPAN DANCERS Moga Hoop MOON BEAM MOSHIMO MU/TO Oatmeal Official 髭男 dism ONE TRACK MIND oneLovie ONIGAWARA OTTO P2H Package Bomb!! PEDRO PESELA-QUESELA-IN Playnote Port Town FM POWWOW Pulse Factory Qube Radical Freaks ravenknee RED in BLUE REGISTRATORS RUEED RYUHEI THE MAN SAKHALIN TV SEKAI NO OWARI sequick Shamrock Street SHIPPING NEWS SIGH soulkids Soulstice SOUTH BLOW SPINLAW Stmach of Gypsys Suck a Stew Dry Sun pee SUNNY SIDE UP takuya Tammy Tegwon the ARROWS the engy THE JAZZ CANNON THE STAND UP The Strikers The Wisely Brothers TheSpringSummer this ic THURSDAY'S YOUTH Timmy Regisford TOY twenty four seven [24/7] umu V.A Wagon cookin' WARPED wooran あいみょん こゑだ ぜったくん インパスターズ エレキベース オムニバス カンアキトシ サカモト教授 ステューパ スマーフ男組 テレポテ ニトロデイ ハカイハヤブサ パードン木村&土生”TICO”剛 ベルマインツ マグネットコーティング ユナイトバス 吉本佳代 嘘つきバービー 増田太郎 平井 大 狩野泰一 秀吉 高橋透 黒木渚

スマーフ男組2007-06-13 発売

スマーフ男組の個性と発展

2007-06-13 発売 / LACD-0109 / ¥2,381(税抜)+税

スマーフ男組2007-06-13 発売

スマーフ男組の個性と発展

ひらけゴマ! 深夜のプレイタイムが始まります。虫声でマイクテステス、ワンツーワンツー。切ったり貼ったり、足したり引いたり、並べてみたり並べ変えたり。なんだったら、好きな色に塗ってみてもいいらしい16個のパズル・ピースが描く、3人と愉快な仲間たちによる大冒険。知恵と勇気とお酒と涙をたずさえて、一日一歩、三日で三歩、五年で千八百二十五歩……たぶん、それ以上歩いた個性と発展の道。酔っぱらいが繰り返す同じ話以上にねちっこいエディットを施したエレクトロ・ヒップホップはローマに通じていなくても、ファンキーかつサイケデリックな音響はハウス、テクノに通ず。タバコのflavorがしたニガくてせつないこの香りはこどもには分かるまい。いや、分かるかな。まぁ、どっちでもいいけど、ああ、 おとなになってよかった、もしくはなりたいと思える一枚であることは確かです。謎の媚薬「セックス・パケッツ」を飲んだ後のモヤモヤした 気分を甘酸っぱく思い出したりもするデジタルでアンダーグラウンドな大傑作アルバム誕生を、僕は心から嬉しく思います。
小野田雄(ライター)


スマーフ男組による、待望のファースト・アルバムである。「奇跡の熟成とは意外にもフレッシュな味わい」という、隠れた名酒のような作品を引っ提げてのデビューなのである。濃厚なのに清涼感のある味わいとは、初心者にとって驚きの連続であり、セミプロにとってはウンチクの宝庫で、業界の大先輩が高笑いする多重構造を持つ。(以下、男子専科: 敷居は低いくせにどこまでも奥深い、「おとなの特選街」における優良店のような魅力。)スマーフ男組は、そんな小宇宙を我々に披露したのだから、コレはかなりの大事件である。それにしても、2007年という「おふくろさん」騒動で大揺れ!の日本において、スマーフ男組はどこまでも真面目なロボ声トラックとともにやって来た。かなりいい大人のくせに本気のロボ声である。念のため、確認させていただくが、ロボ声は決して無感情の産物ではない。それは、現代社会における批評精神(ロボは常にシラフ!)であり、エレクトロのお約束(コンピューター・パワー!)である。スマーフ男組が本作でやってのけたことのひとつは、ごく当たり前の果てしなき日常を、ときにマッド・サイエンティスト並みに大胆不敵な、ときにOL並みに現実的な切り口で見事に風刺しているということではなかろうか。世界に誇る日本の地下クラブ・シーンで鍛え抜かれたピコピコ・スピリットが、ナマナマしく封じ込められたドキュメンタリーなのだ。硬質で限りなく歯切れの良いリズム・プロダクション、高名な通人たちも舌を巻くであろう研ぎ澄まされたサンプリング・センス、とにもかくにも極上の肉感的エレクトロ / ブレイクビーツ(コズミック・ディスコ入り!)でありながら、最高に痛快なポップ・ミュージック!誇り高いのに愛嬌もたっぷり!な、職人による手作りサウンド。オープニングを飾る"1,2 Smurph"~"2,3 Smurph"を体験すると、どうにもこうにも体内の血流が猛烈にスピードアップするはずである。この2曲にヒップホップの約30年に渡る歴史が凝縮されていると言ってもいい。どんなに平静を保ったところで、Zen-La-Rockを迎え、孤高の肉体ファンク・チューンへと昇華させたACR(ACombinate-Phuture Ride)ではもうガマン出来ないはず。もちろん、アルバムはまだまだ始まったばかり。あとは、ご自分の耳と下半身で体感していただきたい。スマーフ男組による世紀を超えた一大事業、「エレクトロ片手にポップ再構築プロジェクト」の序章となる本作は全16曲。幸運な我々は、そんな偉業を現在進行形で目撃できるのである。「スマーフ男組が始まるよ!何が起きるやら、さぁお立ち会い!」。
Roger Yamaha (Moonwalk Records)

  • 1. 1,2 Smurph
  • 2. 2,3 Smurph
  • 3. Smurph Rock Steady
  • 4. ACR(A Combinate-Phuture Ride) feat.Zen-La-Rock
  • 5. 3,4 Smurph
  • 6. @西小山 4pm,May 11th,2002
  • 7. 2 the Beat Y'all
  • 8. Smurph Rock Steady(Majiaredonnappella)
  • 9. 1,2,3 Are You Ready?
  • 10. 遺伝子バップ
  • 11. ロシア人の名前
  • 12. Smurphin'
  • 13. Compuma Speaks
  • 14. Smurphies' Roll
  • 15. Stop,Look,Listen
  • 16. 1,2,3 Smurph Chant

BACK

Page top