Baden Powell

記憶

2001-02-28 発売 / LQ-003 / ¥2,400(税抜)+税 /

同じ年の5月にレコーディングを終えた彼の、結果的に遺作となってしまったアルバムが、本作『記憶』。11曲に集約されている彼の「記憶」には、彼が愛した伝統的なブラジリアン・ミュージックの数々のほか、自身の曲も2曲収録されており、まさに彼の音楽的なバックグラウンドや軌跡を辿ることのできる一枚。ボサノヴァの中心人物の一人、詩人ヴィニシウス・ヂ・モライスと共作した名曲「O ASTRONAUTA」も収録されているほか、彼が8歳の時に師事していたギタリスト、メイラことジャイミ・フローレンシの「MOLAMBO」も、彼の思い出の一曲として、アルバムに組み込まれている。
 7歳の時にバイオリン奏者である父からアコースティック・ギターを学び、8歳にして早くも神童と呼ばれるに至ったパウエル。50年末には、ビリー・ブランコとの共作「サンバ・トリスチ(悲しみのサンバ)」がヒット。ボサノヴァ黎明期の60年前後には、バーデン・パウエルも当時最も人気の高かった女性ボサノヴァ歌手シルヴィア・テリスのバックを務め、その後も多くの名曲を創り続けた。のちのギタリストたちに与えた影響力は計り知れない。日本盤は、本作のレコーディング風景やライヴ・シーンの映像を含んだCDエクストラ仕様。彼の奏でる音と共に、その勇姿も目に焼き付けておきたい。

  • 1. PASTORINHAS
  • 2. INQUIETACAO
  • 3. MOLAMBO
  • 4. FALEI E DISSE
  • 5. DORA
  • 6. LINDA FLOR(Ai.Ioio)
  • 7. MARIA
  • 8. MINHA PALHOCA
  • 9. BRANCA
  • 10. MAGOAS DE CABOCLO
  • 11. O ASTRONAUTA