GRESHAM

I'ts Always Been, There.

2002-09-06 発売 / LQ-009 / ¥2,500(税抜)+税 /

オルゴールのネジを回すところから始まる「Tony Ishmar」(M3)や、ラジオのチューニングや街の喧噪などをバックに、アコースティック・ギターで歌い上げる「Octopus」(M7)、時計の秒針をビートにした「Come in」(M8)など、遊び心がふんだんに見られる所も、Function 8ならでは。「Autonomy」(M10)では、やたら骨太なドラムやベースと張り合うかのように、グレシャムが力強いヴォーカルを披露している。デビュー・アルバムから早くもレーベル内外で確固たる縄張りを作り上げた彼。レーベル内の他のアーティスト達とのコラボレートも含め、これからの彼に期待したい。トミー・ゲレロ、ジャック・ジョンソンなどお好きな方は必聴!

  • 1. The Defender
  • 2. Far from under(acoustic revisited)
  • 3. Tony Ishmar
  • 4. Tenn
  • 5. One more
  • 6. time
  • 7. Too much Left Behind
  • 8. Octopus
  • 9. Come in
  • 10. Belly Dish
  • 11. Autonomy
  • 12. Vanishing & Exploding